一言で言うなら、だいぶ?
お疲れちゃん

偶然見ることが出来た河合塾のCM(15秒ver.)と、コンビニで購入してきたスポーツ紙のおかげで、
少しずつではありますが、自分に対する嫌悪感から抜け出せそうです。
あー…本当に自分が自分で情けない(←逆戻り)。
何故だ!何故携帯のバッテリーを確認しなかったんだ自分!!
あー…再び自己嫌悪に戻ってしまいそう…
どうしても動いてる滝沢くんが、鷺娘が見たくて、1日中TVに張り付いてたんですが。
一向に我が地方のWSでは流れる気配も無く。
最悪の場合、月曜日の『なるトモ』まで我慢するかと思っていたら…。
「月曜日の『なるトモ』はお休みです」
うそー!!!(注:名古屋弁的発音で)
やっぱり誰かお友達に頼むしかないわけですね。
というわけで、どなたか見ていらっしゃったら、至急ダビングしてやってください!
滝沢くんを見れない寂しさにより、本気で死にそうです(自分の責任)。
あー…滝沢くん…お岩さん鷺娘滝の白糸花魁
※伏字はネタバレです。

それでも何とか浸りたいと思い、先程までレポを書いてました。
もちろん、ネタバレがバンバンな感じです(何)。
ネタバレが平気な方は、どうぞご覧ください。
今回も本館HPの魂レポのページにUPしようと思っていたんですが、
ブロバイダの調整が上手くいっていないようで、更新できなくて。
まずはこのブログの、今日の日記の追記に書いておきます。
元に戻り次第、本館HPに掲載します。

というわけで、今日もお祝い企画の続きを。

『旅行』
こんなに忙しい状態で旅行はできませんよね(苦笑)。
おそらく、手羽先を食べに名古屋にくるのも難しかったのではないかと(笑)。
自分でもいつから旅行をしてないのかわからないくらいなんて…。
本当にお疲れちゃんです>>滝沢くん
舞台が終わったら行けると良いですねと言いたいところですが。
ジャニーさんのことですから、そうもいかないでしょうね。
とにかく、休みだけでもとれるように願ってます。
旅行に行く前に、いろいろ計画を立てるのって楽しいですよね。
旅行だけじゃなくて、コンサートに行く時の計画も楽しいですしね。
滝沢くんにとっては、こんな風に友達と過ごすのも癒しになるんですよね。
滝沢くんにとって、こんな楽しみがこれからもあり続けてくれると良いなって思います。
あと、コウタンみたいなお友達も変わらず居てくれたら良いなって思います(笑)。
…あれ?少し話がずれてる気が…(汗)。

今日の企画もこんなところで。

というわけで、今日もそろそろ。
先程もお話したとおり、追記の方に演舞城レポを載せておきます。
レポというより感想になってしまっていますが、
良かったら読んでやってください。

では、ぱいぱい♪♪


P.S.→10日1時台、14時台、20時台、21時台にWEB拍手を押してくださった方、ありがとう存じます。


以下、演舞城レポ(ネタバレ満載)



『滝沢演舞城』@新橋演舞城 2006/3/8 18:00公演

実のところ、何から話せば良いのか、頭の中がごっちゃごちゃで。
文章になりきらない可能性がありますのでご了承を。

とりあえず、覚えているところを順番に。
確実に記憶があるのは滝沢くんが出ているところのみ。
Jr.等について知りたいという方は、
他の方を頼られた方が良いかと思われます。
無責任ですみません(汗)。

滝沢くんは…最初は飛び出てきます!
興奮しすぎて、細かくどこだったと言うのは思い出せなくて。
ステージの正面だったということしか…
飛び出てきて、いきなりそのままフライング。
上空を通過していきます。
もう出てきてそのまま真上を通過していく状態なので、
どうしていいのかわからなくて混乱しました。
ちょうど真上に来た時なんて、
手を伸ばせば届いちゃうんじゃないかってくらいの距離で。
本気で死ぬかと思いました。

そして何と言っても、一部の1番の見せ場は女形で。
お岩さんはそんなに恐いっていう感じではなくて、
清姫はすごく毒々しい色なのにすごく綺麗で、
滝の白糸は…なんかもう、思い出すだけで泣けてきそう。
物語がすごく衝撃的な内容だから、
こっちまで主人公の気持ちになってしまうんですよね。
それから鷺娘!!
紅しか引いていないはずなのに、すごく綺麗で。
ただ見とれていることしかできませんでした。
所作も本物みたいって思うくらい綺麗で、
すごく印象的で、1番印象に残ってます。
今回の演舞城の中で、
1番「もう一度観たい」っていう気持ちが大きいです。

二部は待ちに待った『義経』で。
なんかもう…義経さんが目の前に居るって言うだけで、
その事実に対して泣きそうで…というか泣いて(爆)。
目の前で義経さんが戦をしてるんですよね。
ひたすら「わー」とか「すごい」とか言ってるしかなくて。
確かに滝沢くんの言うとおり、
多少のストーリー変更はありましたけど、
それでも義経さんに対する思いに変わりはなくて、
『同じ義経さん』を見ている気持ちになれました。
最期のシーンとか、本気で泣きそうでしたもん。
…いや、もしかしたら泣いてたかもしれない(汗)。

三部は『未来のタッキー』がテーマと言うことで、
いわゆるショータイムに近い感じだったんですが。
いつもと同じように滝沢くんは踊っているはずなのに、
何かがいつもと違ってる気がして。
『未来のタッキー』が念頭にあるからかもしれませんね。
これが、世界を視野に入れた滝沢くんで、
ジャニーさん曰くの、
『世界に羽ばたくタッキー』なのかなと感じました。
滝沢くんの目には、私達はもちろん、
世界が広がってるんだろうなーとも思いました。

とりあえず、今書けるのはこんな感じです。
レポどころか単なる感想になってしまっていますが、
未だにテンションがおさまらず…。
読んでくださった方、ありがとうございました☆
また書きたいことがあったら書き足します。
【2006/03/10 22:29】 滝沢くん | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



<<せめて1日28時間。 | Top | 後悔先に立たず。(@携帯)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lavender329.blog10.fc2.com/tb.php/374-1eb9a14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |