ジャニーズブログランキング ←参加中です。1日1押し、お願いします(´□`)♪押してくださっている方々へは、いつも感謝の気持ちでいっぱいです☆☆

※コメントは承認制をとらせていただいています。スパム以外はほぼ承認させていただくつもりでいますので、お気軽に書きこんでくださいね♪


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | | この記事のURL | Top↑



滝沢歌舞伎(5/2 夜の部)
以下、ネタバレを含むレポと言うか感想的なものです。
NGな方はご遠慮ください。

読んでやっても良いよーという方は、追記へどうぞ。
『滝沢歌舞伎』
5/2 夜の部

【オープニング】
オープニングは、いつもと同じ音楽でスタート。
滝沢くんはピアノを弾くシルエットで登場したり、過去の映像が流れたり…
あと、滝連でも話してくれた、シルエットでキャストが登場する感じです。
最初に滝沢くんが一人で立っていて、その後ろから左右に広がって並びます。
最後に屋良っちが滝沢くんの隣に立って…『お引っ越し』開始(笑)。
個人的には、ここの屋良っちの滝沢くんの後ろから出てくる時の出方が好きです。
なんというか、やっぱり滝沢くんの同期というか…
滝沢くんを同じ立ち位置で支えてくれているような感じがするというか…
すみません、説明が下手ですね(汗)。
「春のおどりは、よーいやさー」は、今年は滝沢くんではなく屋良っちでした。
ここは滝沢くんの声で聞きたかったかなー…というのは独り言です(笑)。
ここだけじゃなくて、今まで滝沢くんがしてきたことを屋良っちがしている個所って多くて、
いろいろと新鮮でした。
滝沢くんが初めて顔出しで登場するのは、オープニングのいつものフライングだったと思います。
衣装は日生ということもあって、ちょっと洋風な感じでした。
いつもみたいな和柄なテイストはあまりなくて、色は赤。
挨拶の時も洋風を意識してか、いつものように着物姿ではなくて、
レッドカーペットの上を歩きながら、ブルーのジャケットで登場でした。
Jr.がいつものように一言+名前という自己紹介をした後、
小さい子たちはスタンドマイクの前に一人ずつ交代で立ちながら名前を言って…
最後に滝沢くんが登場。
話し方はいつもみたいに「よろしくお願い申し上げ奉りまする」という感じ。

【Jr.と遊ぶシーン】
小さい子たちと遊ぶシーンにそのまま突入。
青いジャケットを脱いで、白いシャツに黒い蝶ネクタイという姿で袖を捲りました。
(なぜこんなに詳細かと言うと、袖の捲り方がどストライクだったから・笑)
最初は一人で影絵を作って遊んでいるんですが、
「一緒にやらせて」みたいなことをJr.の子が言ってきて、一緒にやりはじめます。
その声のかけ方が、Jr.の子たちの腕の見せ所(笑)。
個人的には、その時の滝沢くんの反応が注目どころ(笑)。
「タッキーおじさん一緒にやらせて」
「タッキーちゃんでしょ?」
(名津の心の声:「ちゃん?!ちゃん?!」・笑)
「タッキーおじいちゃん一緒にやらせて」
その言葉に怒った滝沢くん、「やりたかったらチューして」的なことを。
困ったJr.の子は本当にチューをしてくれて(笑)、
「ホントにしたかぁ…ありがと」と、滝沢先輩ノックダウン(笑)。
最後は滝沢くんが折れて、一緒に遊んでました(笑)

【忠臣蔵】
今回は早めにこの演目が入ってました。
たくみのかみさんは今年もとっつー、吉良はふけのりさん(笑)。
滝沢くんは最初はいつもの黒い衣装で登場して、
板を倒しながら下に降り、いつもと同じように板に飛び乗ったり、飛び降りたり。
屋良っちも板を駆け上ってみたり、一緒に殺陣をしてみたり。
途中で滝沢くんがふけのりさんと入れ替わっていて、
その後、敵が着ているのと同じ、顔を隠す白い衣装で再登場。
でもすぐに顔を隠している布ははずして、上に着ている白い部分もとって、
白い袴に赤い着物という状態に。
ステージの中央の少し出っ張ったところ(オーケストラピットの間)に作られた、
プールみたいなセットに降りて、ふけのりさんと殺陣。
バシャバシャと跳ねる水で、前の方の席の方はびしょぬれだったみたいです。
ビニールでよけている方がいらっしゃったので、
その一瞬だけでも変わってもらえないかと思いました(切実)。

【MASK~太鼓】
今回はいつものお面を次から次へとはずすものは、滝沢くんはしていないような…
他の誰かがしている前で、屋良っちが踊りながらマスクを付けたり外したりしてました。
その後、中国雑技の方のMASK姿で滝沢くんが登場。
ステージ上にはたくさんの和太鼓とドラムセット。
Jr.が和太鼓を叩いて、屋良っちが中央のドラムへ。
そのリズムに合わせて、滝沢くんの変面が披露されました。
相変わらずすごい!何度観ても仕掛けがわかりません!
最後は滝沢くんも上半身裸になり(最近では珍しいですよね)、
ドラムの前にある太鼓を叩いてました。
かっこよかったー…(しみじみ)。

【DANCE】
パンフレットには『REVENGER』と書いてあるので、これが曲名かと。
滝沢くんがよく着る、裸の上にベストとジャケットという衣装。
パンツはピンクのスパンコールでした。似合いすぎる!(笑)。
それにハットをかぶって、最初は一人でダンス。
1コーラスを歌い終わると、後ろにある椅子に座って、
2コーラス目は屋良っちが歌ってるのを、後ろから見てました。
間奏で滝沢くんは先程プールがあった辺りに出てきて、
他のキャストはステージ上に大勢集まり、一斉にバック転。
あれだけの人数が居て、全員がバック転可能な人だって言うのはすごいな…と感動。
迫力もありました!
これは曲そのものもすっごく好き!
隣が翼くんの時程のぴったり感はないですけど、
隣が屋良っちというのも安心して見られるな…と感じました。

【白塗りシーン】
今回は割と小ネタが緻密に仕込まれてました(笑)。
白塗り中に滝沢くんが笑ってしまうし(笑)、ツアー客が登場するし(爆)、
その人たちは松崎黒子(笑)にすすめられて翼歌舞伎に行ってしまうし(笑)、
白塗り中の滝沢くんにやけにくっついてるな…と思ってたら、
暴走した松崎黒子さんは滝沢くんのほっぺにチュー(爆)。
気を失った滝沢くんに心臓マッサージを施し(笑)、
意識を取り戻した滝沢くんに殴られ(もちろんフリで・笑)、
今度は松崎黒子さんが気を失い、滝沢くんが心臓マッサージ(笑)。
そんな小ネタば満載だったためか、ちょっと時間が足りなくなったらしく、
滝沢くんは慌てて白塗りを再開(笑)。
松崎黒子さんはそんな滝沢くんをうちわでパタパタしてました。

【5人衆(…という名で呼んで良いのかは不明)】
女装したJr.達が舞い、M.A.D.達とお芝居をするあのシーンです。
その後ろに居た滝沢くんに集中してしまっていたので、あまり細かくは書けませんが…
辰巳くんと福ちゃんの小ネタがレベルを上げてました(笑)。客席も大爆笑。

【滝沢歌舞伎】
演目がちょっと変わっていました。
他の方のブログなどによると、最初の演目は『娘道成寺』だそうです。
道成寺の鐘の上に乗ってみたり、赤い着物で舞ってみたり。
お七さんも健在。
最初は今野くんの詩吟にのせて人形で劇が進んで行くんですけど、
小さな鐘を叩く台のセットの中に人形が入ったと思ったら、
そのセットを割るように、同じ格好をした滝沢くんが登場。
あのピンクと水色のボーダーっぽい着物です。
途中で人形みたいに引きずられるシーンがあったりとか、
いつもの鐘の台のセットにのって、鐘を叩くシーンもありました。
上に乗った時に下に広げる赤い幕みたいな衣装は、
今年は滝沢くんの衣装から直接ではなくて、台に設置された布が広げられてました。
そのあと滝沢くんは一度引いて、ステージ上で洋風な衣装の屋良っちがダンス。
再び登場した女形の滝沢くんが琴を弾いているところに歩いて行って、
手を引いて階段を下ります。
このあたりが滝沢くんが前に言ってた『LOVE』的な要素だと思うんですけど、
キスをしようとした屋良っちをかわして、蜘蛛の糸みたいなものを出して消えて。
再度登場した時は、女形ではない、歌舞伎らしいメイク。
演目の名前はわからないんですけど、蜘蛛男…という感じなのか、
最後はバルーンの蜘蛛(色が妙にリアルで気持ち悪い・笑)が出てきて。
ものすごい迫力のお芝居でした!
上手く説明できなくてもどかしいんですけど、
このシーンだけでも良いから、今すぐにDVDを売ってくれないかと本気で思いました(笑)。

【平将門】
オープニングは滝沢くんが作ったっぽいショートストーリーから。
山本亮太くんと思われる人(曖昧ですみません)が、屋根裏で見つけた刀を手にすることで、
将門さんが蘇る…という内容だったと思います。
本編の内容としては、基本的に将門さんは『悪』の存在なんですけど、
最後まで観るとどうしてそうならなければいけなかったのかがわかるというか、
その人が考えていることと周りからの見られ方はなかなか一致しないものなんだ…
っていうことがわかるというか…
ひょっとしたら将門さん自身も気づいていないか、もしくは認めたくない辛さを、
感じて共感できるような内容でした。
あと、「悪だ悪だ」って言われてる人だけではなくて、
そう言っている人たち自身も、汚い部分があるというか…
誰にでも『悪』の要素はあるかもしれない、むしろ多いこともあるんだなって考えたり。
いろいろ考えさせられるストーリーでした。
もちろんこちらも小ネタが仕込まれていたりして(笑)、笑えるところもありました。
アクションや殺陣も、すごかったです!
スクリーンになってる壁に足をつけて、地上と平行になるようにフライングをしながらする、
殺陣のシーンがあるんですけど、スクリーンには地上の絵が映し出されていて、
わかりやすく言うと、殺陣を頭上から見られるようになってるんです。
なんだかもう…これにはとにかく感動しました!
ドラマでもない限り、なかなか頭上から殺陣を観ることなんてできないですもんね。
ストーリーの最後には、例のテーマ曲。
最初は将門さんが呟くように歌ってて、途中から普通に歌い出します。
義経さんでは桜が舞っていたエンディングですが、
将門さんは雪(冬に最期をむかえたからですよね)。

【カーテンコール】
将門さんが終了し、拍手に応えて登場した滝沢くんは『WITH LOVE』を歌ってくれました。
この曲を聴くと、お城に来たな…っていつも実感できるんですよね。
最初は滝沢くんが一人で歌ってるんですけど、後ろのスクリーンには写真が映し出されてて。
滝沢くんが撮った、キャストの写真なんですよね。
よく知った人が撮ってるからか、みんなの表情が自然で、なんか良いな…って。
最後に映る滝沢くんの写真は、自分で撮ったみたいでした(笑)。
歌い終わると、いつものように三方向へのお辞儀をして、
みんなで叫びながらステージの奥にはけます。
全員で奥まで走ってもう一度客席の方を向いて、滝沢くんが合図をすると、
オープニングで掛っていたオペラカーテンが下りる…という感じ。
この合図をする時の滝沢くんが、もうどう言って良いのかわからないくらい、
とにかくこの上なくかっこ良いんです!!
この一瞬を思い出すだけで1ヶ月くらい仕事が頑張れそうなくらいに(笑)。
この1回の公演でたくさんドキドキして、もっともっと滝沢くんを大好きになりましたけど、
この合図を見て、再度撃ち抜かれました

あーもー…
















大好き!











以上、『滝沢歌舞伎』5/2 夜の部のレポ的なものでした。
最後まで読んでくださった方、お疲れちゃんでした!
【2010/05/04 19:19】 滝沢くん | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



<<滝沢くん三昧。 | Top | タッキーちゃんが大好き(笑)。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lavender329.blog10.fc2.com/tb.php/1985-671125c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。