しかも、花マル。
お疲れちゃん

今日は3誌の発売日でしたね。
毎度の如く金欠だったんですが(汗)、学校の帰りに買ってきました。
大したことは書けないと思いますけど、恒例の個人的な感想を。

【d誌】
滝翼のページを開いた瞬間、「滝沢くんだぁ…」と安心してしまいました。
そりゃ、滝翼のページだから滝沢くんが居るに決まってますよね(笑)。
なんだか滝沢くんを見てると、最近ホッとするんですよね…。
無意識に「滝沢くんだぁ…」って呟いてしまったり。
ホントに、最高の癒しですよ。
あと対談の文章のバックに2人の手の写真が出てて。
昨日もお話したとおりどうやら滝沢くんの手が好きらしい私は大暴走でした(笑)。
「滝沢くんの手!手!!手!!!」と。
トークの内容は『Venus』と舞台とハワイロケ(笑)についてで。
『Venus』の話を読んでる時に思ったんですけど、
滝沢くんと翼くんて、いつも「良い!」って思う曲が一緒ですよね。
いつも新曲の発売前になると、2人で曲を選んでた時の話が出て。
「2人とも『良い』って思った曲です」って言いますよね。
インスピレーションが同じなのかな…。
私達ファンのインスピレーションが合うのは当たり前かもしれないけど、
よく考えてみたら、同じ作り手側である2人のインスピレーションが同じって不思議だなって。
素敵だなとも思いますし。
それも今でも2人が一緒に居られる理由の1つなんでしょうか。

【P誌】
こちらも2人の対談で。
ありがとうございます(笑)。>>P誌編集部御中
トークでは、『運命』っていう言葉について思うことを話してて。
確かに、何事も一言で片付けてしまう『運命』っていう言葉は嫌ですよね。
翼くんが話してたような、『出会い』っていう意味での『運命』は素的な言葉だと思います。
私が滝沢くんを好きになったのも運命だったのかな…とか考えてみたりして(照)。

【W誌】
こちらもありがたいことに対談で。
しかもお互いに宛てたメッセージも載せてくれてるし!
ありがとうございます>>W誌編集部御中(2回目・笑)
トークも読んでて温かい気持ちになりました。
主にソロ魂の話だったんですけど、なぜか滝魂の内容を熟知してる翼くんとか(笑)、
それに対して焦る滝沢くんとか、
滝翼の空気感みたいなものをたくさん感じることができました。
W誌の編集さんて、こういうの上手ですよね…。

今月号のそれぞれの感想はこんな感じです。

あと3誌に共通して思ったことがあるんですが…
翼くんと一緒に居るのに、滝沢くんの笑顔が少ないなって。
いつもの滝沢くんだったら、本当に嬉しそうに笑ってる写真が多いのに。
演出的に笑ってない写真を選んでるのもあるかもしれませんけど、
それでもやっぱり滝沢くんの表情には疲れが出てて。
もしかしたら、翼くんが隣に居ることで安心してるからかもしれないなと思います。
最近はずっと1人の仕事が多くて、どこか張り詰めたようなものがあって。
上手く言葉では表せないんですけど、1人で辛い部分もあったと思うんです。
滝沢くんは1人でも『過ぎる』が付くくらい頑張る人だけど、
やっぱり翼くんと居る時が1番滝沢くんらしくて。
自分らしく居られる場所=安心できてるってことだと私は思ってて。
安心できたからこそ、疲れが出ちゃったのかな…と思います。
滝沢くんにとっての翼くん…大切な存在ですよね。

というわけで、今日もそろそろ。
思いっきり長文になってしまってすまみせん(汗)。
最後まで読んでくださった方、お疲れちゃんでした☆(笑)

では、ぱいぱい♪♪


P.S.→WEB拍手、ありがとう存じます。
【2006/01/06 23:16】 滝沢くん | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



| Top |