やめてー…
このタイミングで滝翼以外が
「epilogue」を歌うのなんて聴きたくない…
【2018/09/17 19:19】 滝翼 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



ありがとう。
お疲れちゃん。

何というか…。
健ちゃんもヨコもとっつーも、他にも見逃していたらごめんなさいなんですが、
皆さんありがとうございます。
いや、私がお礼を言うのも何なんだという感じなんですが。
滝翼の身近にいる人たちがメッセージを発してくれているのが嬉しいです。
ハッキリとシンプルな言葉の健ちゃんも、
名前は出さないけれど、読む人が読めばわかるワードで
滝沢くんを応援してくれているヨコも、
ファンと同じくらい2人のために何かしたいと思ってくれているとっつーも、
どの言葉も響いてきて、気づいたら泣いてました(爆)。
滝翼にはこれからを見守ってくれる人がこんなにもいるんですね。

私もこんなふうに心から応援できるようにならなきゃいけないんだろうな…。
今すぐにはやっぱり無理で、
ギターで弾いたらマイナーコードになりそうな言葉ばっかりで(何の例えだ)、
いつまでも感情に引きずられてばっかりですけど、
ここで思考を言葉にして整理しながら、いつかは彼らみたいになれたらと思います。
→ more・・
【2018/09/17 01:50】 滝翼 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



物理的にも整理。
お疲れちゃん。

頭の中を整理するついでに、
しばらく放置していたこのブログもいろいろなところをサッパリさせました。
デザインとかリンクとかプロフィールとか。
相互リンクで繋がっていたお友達もほとんど更新をストップしていて、
ブログ自体がもう過去のもののようです。
今はTwitterとかインスタとか、SNSが主流なんですかね。
こちらも見ている方はほとんどいないかと思いますが、
年2回の誕生日とデビュー記念日を変わらずお祝いする場所が欲しくて、
ダラダラと続けるかたちに。
もちろん、ファンとしての活動は続けています。
最近まで仕事でいっぱいいっぱいで文字に起こす時間が無かっただけで(汗)。

今年の歌舞伎は地元会場での開催ということで、
名古屋2公演(うち1公演は初の千秋楽)と、その前に東京にも1公演。
千秋楽以外は素敵すぎる席で、すべての運を使い果たした気がします。
ストーリーの進行中に状況確認のために動く滝沢くんの視線がもう…。
そして、目の前で聴いた『記憶のカケラ』は一生モノの思い出です。
年内にどうにかCD化してほしい……(切実)。

こういう話題を普段通りに話していたら、少しは前を向けるのかな?
私が何を考えても事態が変わるわけではなくて、
どんな形で飲み込んだとしても、それは私個人のことに過ぎないですけど、
滝翼と滝沢くんは何があっても大好きでいたいので、
そのためにこれからも脳内整理は続けていこうと思います。
ここも毎日更新するのは難しいかもしれませんが、
少なくとも年内はフラッと現れたりしますので、よろしくお願いします。
(年明け以降の存続については、現在検討中です)
【2018/09/14 19:33】 滝翼 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



少しだけ整理。
お疲れちゃん

えっと…ですね。
1日経ちまして、ほんの少しだけ頭の中が整理できました。

昨晩は一睡もできなくて、徹夜でファンレターを書いたりしていたので、
特に頭の中も感情もぐちゃぐちゃでわけがわからなくなっていたんですが。
1年前の活動休止の時みたいに滝翼曲がしばらく聴けなくなるのが嫌で、
ウォークマンでひたすら聴いていたり。
顔をみているだけでも辛いという状況に陥りたくなくて、
早朝からWSを何局も何番組も見たりして。
…結果、1日中号泣していたわけですが。
前ほど、滝翼と距離を置かずに済んでいます。
ただ、泣きの発作が収まりかけたころに
よくわからないタイミングでスイッチが入って再度泣き出したり、
情緒は究極に不安定です。

そんな状況で脳内を整理できたのは、
芸能リポーターの駒井千佳子さんのおかげかもしれません。
彼女が話していたファンとしての想いがとにかくしっくりきて、
自分でわけがわからなくなっていた感情を代弁してもらえたというか。
そうか、だから胸が痛かったんだ…と。
他番組で間違っていた情報をサラッと正しく話してくれたのもスッキリしました。

でも、正直なところ。
まだ素直に2人の背中を押せるところまで気持ちをまとめられていません。
本当は新しい道を歩むために送り出すべきだと思うのに、
大好きな2人にこれから会えなくなると思うと、ただただ苦しいです。
わがままなのはわかるけど、まだ嫌だと思ってしまう。
ホントのことを言うと、解散はなんとなく予感していたんです。
滝翼が揃っているところを見られなくなるのは辛いけど、
それぞれに活躍してくれるのなら応援したい…と。
(もちろん何より復活してくれるのが嬉しいというのは大前提で)
でも、結果は2人も目の前から消えてしまうということ。
そんないきなり?どうして?という混乱は、
発表文の文字を見ても収拾がつかず、飲み込むこともできませんでした。
また一緒にライブができる日が来るってずっと信じてたんですもん。

1日WSを見ていて感じたのは、
滝沢くんにとって滝翼を続ける一番の理由は、隣に翼くんが居るということ。
翼くんが居なければ、それはもう滝翼ではない。
…文字にすると当たり前すぎることなんですが、そうじゃなくて。
滝沢くんがアイドルでいる一番の理由は翼くんだったんだなって。
そう気づけたことが、今までファンを続けてきた最大の価値なのかなと思います。

……何を書いてるのかだんだんわからなくなってきましたが。
決して早いペースではないですけど、少しずつ前を向いて足を踏み出すために、
頭の中を整理していけたらいいですね。
【2018/09/13 21:28】 滝翼 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



無理…
信じたくない。
予想してたのより、
比較できないほど大きな事実。
いつかこんな日もくるかもとは思ってた。
だけど、こんなすぐなんて。

何より、いつもまっすぐ居てくれた2人が、
文字だけでお知らせなんてあり得ない。
せめてちゃんと顔を見せて話してほしい。
【2018/09/13 00:19】 滝翼 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Top↑



| Top | Next